雑巾がけをする暮らし

平和なこと、豊かなこと、愛のあること、地球のことを創造しよう

毒だし

 

一週間前から風邪をひいている。

咳と鼻水がずっと止まらない。

 

 

身体の奥深いところの毒だしが行われているようだ。

 

 

これにはちゃんときっかけがあって

松山の自然歯科で歯の治療と噛みあわせの調整をしてもらい

身体がより良いバランスを取り始めていることと 

しばらくいい加減にやっていた冷え取りに

本腰を入れたことにある。

 

 

冷え取りは進藤義晴先生の本を読んで

本格的に取り組んだのは、今から10年以上も前のことになるけれど

当時、靴下の重ね履きと半身浴を徹底して行って

その時の毒だしはとても強烈だった。

 

 

絹の靴下はすぐに穴があく。

お風呂のお湯は濁る。

足が痒くて、かきむしって血だらけになる。

 

 

痛さに耐えている私を見かねて

「もうやめろ」と何度、主人に言われたことか。

 

 

だけど、私はやめなかった。

 

 

だって私は健康オタクなんでございますもの。

 

 

で、

その時の毒だしの後は、

しばらく花粉症も良くなっていたのだけれど

最近はまた、ひどくぶり返しており

再び、本腰を入れてみよう!

という気になった。

 

 

今は、

咳や鼻水を通し、身体の奥から不要な物が

出て行くように感じている。

 

 

身体は宇宙だなぁ。

 

 

すると、私の肺に不要な思い込みがあることに気付く。

 

 

思う存分自分の人生を生きてはいけない

自分の人生が嫌い

  

 

もう十分、自分に許可できていると思っていたのに

あらっま。

びっくり。

 

 

だから 

ひとつ咳をする度に

思いっきり鼻をかむごとに

私の思い込みを手放していこう。

 

 

もっともっと自由になれるよ

 

もっともっと自分を好きになっていいよ

 

もっともっとあなたの人生を愛していいんだよ

 

 

・・・

 

 

身体が不調な時は、どうしたって気分も停滞するものだ。

 

 

だから、あえて毒だしなんてしないほうが良いのに、

と、エゴちゃんは私に訴えてくる。

 

 

そんな時は

頂いた庭先のゆずでジャムを作り

無農薬のレモンで発酵塩レモンの仕込みをして

優しい気分になる。

 

 

何もしない自分

何もしていない自分

何もできない自分

 

 

それは私が常に恐れていること。

 

 

何かをしていることに優越感を持とうとする。

 

 

冷え取りは心の毒だしでもあるんだね。