読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑巾がけをする暮らし

シンプルに暮らす…ミニマムな生き方へ

やる→やることが見える→やれる

 

ここ2ヶ月の間、ドイツ大使館に提出する書類作りに奮闘していました。

 

 面倒くさ~い役所の書類作り

 スケジュール作製

 必要なものを取り寄せるための手配と準備

 日本語から英文または独文への変換

 等々…

 

どれも全く得意ではない分野です。

できればあまりやりたくないものなので、避けて通りたい。

 

と言うのも、ドイツでは、この手のことは、いつもスムーズに進まず、

泣き寝入りする体験ばかりが記憶として残っているせいか

まず、やる前から気が重くなっちゃうんですよ。

 

だけど、今回は少し違ってました。

 

それをやることが私自身のことではなかったので

その人の役に立ちたかったんです。

 

おかげで私なりにずいぶん、楽しみながら取り組むことができたのは

幸いでした。

 

そして、昨日は書類提出の予約日だったので、準備万端、

当たって砕けろ気分で窓口へ出向き、

あ~でもない、こ~でもない、と予想通りの展開に

何故か、とっても落ち着いている私を感じて

案外、今までの経験が、生かされているのかも知れないなぁ~

と自分自身を頼もしく思っていました。

 

結果、

私が準備したものの他に必要な書類ができたので

審査は見送りに。

 

しかも、その必要な書類は、私には準備不可能なものなので

他へ託しました。

 

どんな結果になるのか、今は全く予想がつきません。

 

でも、なんだか、やり切った感満載なので、気分が良いんです。

 

無責任でしょうか。

 

私の手に抱えていたものは、全て差し出したので

もう手の内には何も残っていない。

 

その望みが実現するか、しないかという結果に不安はなく

むしろ、微かな興奮だけを感じています。

 

きっと、思考だけでは、押しつぶされていたことでしょう。

 

とりあえず、挑戦してみる=「やる」ことの大事さ。

 同時に

「やる」とその先に「やること」が見えてきて、

「やれる」ことにも気が付きました。

 

私は今、丁寧に「やれる」自分を思い出しています。

 

それは、結果に左右されることなく、

今を楽しむ自分に気づいていることです。

 

面倒くさ~い、と嘆く自分を一旦、引き受けることで

苦痛だったことも、楽しみに変えるチャンスが生まれるようです。

 

やる → やることが見える → やれる

 

これは自分に自信をつける法則かも知れませんねぇ。