読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑巾がけをする暮らし

シンプルに暮らす…ミニマムな生き方へ

気持ちが切り替わる瞬間

 

ふっとね。

気持ちが切り替わる瞬間がある。

 

 

いつも、毎瞬、毎瞬、私の気持ちは移り変わっているのだけれど

何かに囚われている時ってあるでしょう。

 

 

刷り込みだったり、体験だったり、記憶だったりして

こだわりがあればあるほど、離せない気持ちに縛られる時があって

それはいつでも、目の前に起きている出来事と自分の気持ちがリンクして

ちょっと自己否定気味の自分がで~んと居座っちゃう時なのだけど…。

 

 

表と裏を考えてみたり

何を自分は大事にしているのかを考えてみたり

やっぱり自分はダメなんだ…って落ち込んでみたり。

 

感情が落ちている時は、思考が頑張る。

 

 

そして、ふっとした瞬間に

あれ? さっきまで下を向いていた私が上を向いているよ。

って気が付いた時、いつもクスクスって笑ってしまうんだ。

 

 

今回はねぇ。

ちょっと未来にフォーカスしていたら、引き寄せどころか

大いに不安になってしまって、このままじゃぁ、ダメだ~!って

現状否定しようとしていた。

 

 

これもまた、いつものパターンだから、

本当に懲りないよねぇ。私。

 

 

現状へのリアル感が深って、未来を創造するイメージができなくなっちゃってたみたい。

 

 

気持ちが切り替わったのは、アマゾンでFireタブレットを買っちゃって

電子書籍を読み漁ったから。

 

 

ふんふん。

何かに夢中になると、やっぱり気持ちって吹っ切れるんだなぁ。

 

 

まだ少し、幻想に縛られるテーマを味わいたい私がいるようだ。

 

 

へっ、こんなのサッさと手放してしまえばいいのにさぁ。

と、思いながらも、今は、手放すことに不安を抱く自分を認めてあげよう。

こうして、気持ちが切り替わる瞬間を目撃しながら…ね。