読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑巾がけをする暮らし

シンプルに暮らす…ミニマムな生き方へ

ついてない時

 

少し体調不良を感じていたこの3日間。

珍しく風邪の症状だったので、今回は私自身の身体のメンテナンスが行われているな、と勝手に感じてた。

 

調子でない

体がだるい

やる気がない

 

エネルギーの低下

いつもはサクサクっとできることが、どこか抜け落ちる。

 

すると何だかついてない。

 

役所の用事で出かけたら窓口が開いてない

 

30分以上、郵便局で待たされた用事、終わってみたら、人の並んでいない器械で出来たことに気付く

 

電車に乗ろうとタイミングをはかりながら待っていると、私の前を見事にスルー

 

お買い物したはずのものが、レジのおばちゃんも私も気付かずお家に帰ったら入ってない

 

列車の座席指定を買ったら、二重払いさせられた

 

そう

ついていないとは、私の勘が外れてるってこと。

 

意識がぼやけているのかもね。

 

いつものサインに気付かない。

いや、気付けない?

まぁ、そんな時もあるわなぁー。

 

だけど別に悪いことじゃないし。

 

いつもはLeipzigからDusseldirfへ6時間の移動をする時、座席指定はとらずに空いている席に座るのだけど、今回はガツガツしたくなくて、珍しく後から、座席指定の券を買った。

 

本当は1回分の値段で乗り換えの列車の座席分を買えるのだけど、自動券売機で買ったら、1回分しか買えなかった。

すぐに窓口へ行って、事情を説明したけど、時々、自動券売機で買うと、そんな不手際が起きるらしい。

そしてもうお金を払っているから修正できない。

乗り換えの分は同じ値段を支払うことに。

 

思わず、「ひどい!」と窓口のおばちゃんにドイツ語で言えるようになっただけ、私は成長したと思う。

 

そして、おばちゃんが笑顔で言った。

「今度は自動券売機ではなく、最初にこっちへ来るようにね」

 

ついてない

 

だけどそれもまた長くは続かない

 

ついてないことが続くと、また次も? その後も?...と思考が自然と繋がってしまうから、

 

あー、波動さがってるなぁー

と、適度に窓を開けて、グチグチ言わない。

ゴチャゴチャ考えない。

 

そして今、Dusseldorfへ向かうIC列車の中、

私の席が安心感を与えてくれるから、

この旅も快適になりそうだ。