雑巾がけをする暮らし

平和なこと、豊かなこと、愛のあること、地球のことを創造しよう

あなたがいつも笑っていられますように

 

列車の座席指定券が無効となり、席がないままの3時間の移動中 、私は食堂車の片隅でコーヒーを飲んだ。

 

意外にも快適な空間。

おじさん方がビールを飲んで大声で話し終え各自の席に戻ってからは、人も少なく、ドイツバーンの人たちは何も言わずに私を自由にさせてくれた。

 

席を有難う。

 

結局、私は目的地に到着するまでの間、ずっとその場を離れずにいた。

 

確かについてはいなかったけど...

ついてる、ついてないは、どっちも勝手に起きてくることで、

ついていても、ついてなくても肝心なのは、私の心が平安であることなのだと思う。

 

 

 

あなたがずっと笑っていられますように

 

これは、私が一連の出来事をブログに書いた後、心友が送ってくれたメッセージ。

 

 

あなたがずっと笑っていられますように

 

何て美しい励ましの言葉なんだろう。

涙が出そうだった。

 

 

そう、大切にしたいのはこれ。

 

私がずっと笑っていられますように

 

私の心が大声で笑い始めると、ついていないことなんていつのまにか忘れてしまう。

 

おかげで、予定より1時間遅れてDusseldorf 中央駅に着いた時、夕方の5時だというのに外はもう暗く、しかも雨が降っていたのだけれど、私の心の笑いはずっと続いたままだった。

 

ありがとう。

 

 

どうぞ、あなたの心もいつも笑っていられますように