読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑巾がけをする暮らし

シンプルに暮らす…ミニマムな生き方へ

聖域

 

「感じる」ということに関しては全くその人次第です

心とは実は誰も介入できない個人の

本当に自由な聖域なのだと思います

 ~癒しを仕事にする(藤田真規さん)~  

 

 

棚を整理していたら、2014年の手帳にメモしてあった言葉が出てきました。

 

考える=思考するところが頭ならば、

感じるところは心臓近く、胸の真ん中辺りかしら。

 

ここを聖なる神殿と呼びます。

 

私はいつも自分の中で静かにわたしと繋がる時、まず最初にこの聖なる神殿を訪れます。

 

そこで私の神様とハグします。

 

私の神様とは、宇宙、真我、大我、アセンテッドマスター、守護の天使、大いなる存在、光…

何とお呼びしても構いません。

ただ、何と呼ぼうと、あなたが一番、安心安全を感じる存在であることに変わりはありませんから。

 

とは言え、「感じる」よりも「考える」ことが得意な私。

すぐに思考を使います。

まぁ、それは良しとして、

 

その後に「どう感じるか」を見逃さないようにしていると、

焦ったり、慌てたり、ムキになったり、怒ったりする手前で、

いつも笑っていられるようになりました。

 

正確には、エキサイトすることが好きな負の感情を掴まずに流す、って感じでしょうか。

 

神殿は聖域なので、パワースポットとも呼べますね。

 

みんな、パワースポットをハートに持っている、ってことですよ。

 

自分で浄化することができて

自らパワーアップして

さぁ、がんばろう~☆ってエネルギーをチャージする。

 

その場所がハートです。

 

そっと両手を当てて、目を閉じて、吸う息を背中から取り入れて、

どうぞ感じてみてください。

 

そこがあなたの聖域です。