雑巾がけをする暮らし

シンプルに暮らす…ミニマムな生き方へ

笑う門には福来る

 

最近、ネットなどで世間を騒がせている人の顔写真を見ると

あっ、この人、悪魔だなぁ。

って感じることがあるんですよ。

 

お顔がね。

怖いです。

不幸感を出しています。

 

じっと見ていると、負のエネルギーを分けてもらいそうになるから、凝視しません。

 

私はその人のほんの一場面を見ただけですから

実際のところ、その人は悪魔ではないのでしょう。

 

だけど、私はそう思った自分の感覚を、その時は受け入れます。

 

以前は、そう思った自分を責めたりしたこともありました。

 

人のことを悪く見るなんて、トンでもない。

あなたは何様? って。

 

人のことを悪く言ってはいけない

 って私の中ではお約束だったんですね。

 

そうそう。

 

誰かを指差すと、一本の人差し指が相手を指しているけれど

三本はこっちを向いているから

相手を非難したら、それが三倍に返ってくる

って、それが怖かったのかも。

 

だけど、私は

あの人は悪魔のように見える、と感じただけで

相手の方の全部を否定しているわけではありません。

 

その人が悪魔のような顔で私の前に現れた役割を尊重します。

 

だから否定しない。

 

私だって、誰かの前で悪魔の役割をすることがあると思うのです。

だけど、できれば悪魔の役はやりたくないから

笑っていたいんですよ。

 

誰かが悪魔の顔をしていても、

誰かが顔は笑って心は悪魔でいたとしても

他の人がすることはそのまま自由にします。

私は心から笑っていたいだけ。

 

それぞれがそれぞれの事情で泣いたり、怒ったり、笑ったりすることに

口出ししません。

どうぞ泣いてください

どうぞ怒ってください

どうぞ笑ってください

 

私は心から笑っていますから

 

って感じでしょうかね。

 

不思議ですが、心から笑っていると、連鎖反応が起こります。

みんな、本気で笑っていることは間違いなく感じるようです。

伝わるんですよ。

だから、つられて笑いたくなる。

 

笑う門には福来る

ですね!

 

日ごろから、あまり深刻にならない、ってことは、笑うための準備運動かも知れません。