読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑巾がけをする暮らし

シンプルに暮らす…ミニマムな生き方へ

感覚で生きる

 

 

感覚で生きる

言葉はいらない

感覚で生きる

理由はいらない

感覚で生きる

自由になる

 

 

以下、あるある^^|ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

さんの記事より転載します。

 

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなた達は、何かを判断する時はまず一番に感覚に重きを置きます。

意識していないかもしれませんが、あなたの判断基準は感覚なのです。


たとえばですが、誰かにお会いしたとき・・とてもステキな方だとは思うんですけど

何か違和感を感じます・・というのもそうです。

マインドではとてもステキで良い方だと判断しますが、感覚的なところで何か合わないな・・と判断するのです。(その方が悪い方だということではありません。合わないというだけのことです)

最初に感じた違和感を無視して進んでしまって、後で”やっぱり”と思った経験をしたこともあると思います。


人だけではありません。

すべてに置いてそうなのです。

住むところもそうですし、仕事もそうです。

まず、直感的に自分に合う合わないを感じます。

そして判断するのです。

その判断はハートの判断です。

その判断に素直に従えばうまく行くのです。


でも、その後にマインドの判断が頭をもたげます。

感じた感覚は気のせいだ・・とマインドは、ハートの声を押さえつけはじめます。

そんな事いってもこちらの方が得だし、まわりから外れることもないし、常識的に考えればわかるでしょ・・・といろんなマインドの声が聞こえてきます。


感覚は、言語化した時点で感覚ではなくなってしまうのです。

言語化すると左脳が働き、マインドが動きはじめるのです。

表現が難しいですね。

感覚を感覚のままで感じていると、感覚で判断できるようになります。

とても簡単にいうと・・・だってなんか気持ちよくないんだもん、だって好きなんだもん・・

そういうことなのです。

ゴチャゴチャ考えることなく、だって好きなんだもん、だってイヤなんだもん・・これが感覚の判断だということです。

理由はない・・・でも、好き・・これが感覚です。


この感覚を信じてください。

だって楽しいんだもん・・これがご機嫌さんになる秘訣です。

だってしたくないんだもん・・何だか訳が分からないけど、いましたくない・・と思うのも感覚(ハート)がタイミングではないと教えてくれているのです。

マインドで無理にやろうとしても、タイミングが来ていない時にはうまくいきません。

反対にタイミングが来ると無理やりに頑張ろうとか思わなくても自然に出来るのです。


子どものように、シンプルにあなたの感覚(感情)にしたがってください。

あなたのハートの声(感覚、感情)が、あなたにとっての真実を教えてくれます。

あなたの波動エネルギーと合う、合わないを教えてくれるのです。

合わないところにいると苦しくなります。

あなたの波動に合う方、合う場所にいるととても楽で、物事がスムーズに運びます。


そのためには、感覚で判断することを意識してくださいね。

感覚がすべてを教えてくれます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」