読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑巾がけをする暮らし

シンプルに暮らす…ミニマムな生き方へ

洗心

 

4月28日の午前中に知人から洗心瞑想に招待して頂き

伯母の病院付き添いをしながら、なるべく心を整えるよう

特に意識をして過ごしたのですが…

 

 

5月の訪れとともに心がふわりと軽くなったような…?

今日の目覚めをは特にスッキリ感が満載でした。

 

 

 

洗心

 

私たちが日々、励むことは誰かと競い合うことではなく

一人ひとりが自分の心を洗うことに励むことにある

 

 

と私は思うのです。

 

 

 

心を洗うのですから、それは自分の自我と向き合うことになりますが…

 

がんばって捨て去ろうとしても、自我は決して消えません。

 

私であることを自我は感じていたいからです。

 

そんなあなた(自我)は決して悪者なんかじゃない。

 

ただ、褒めてもらいたい、認めてもらいたい、祝福してほしいのです。

 

あなた自身に。

 

 

 

わたしはあなた

あなたはわたし

 

 

 

神である大我と自我である小我はひとつです。

 

 

自分の中で、ギュッと抱きしめあえば合うほど、

光となって輝きだします。

 

 

すると世界がさらなる祝福のサインを送ってくれるから不思議。

 

 

私たちはこのサインに気づかなくなっていることが多いので

意識のアンテナを立ててみるのは楽しいですよ。

 

 

特に、新緑が美しく、道端の花々も色とりどりで

小鳥が元気に囀るこの季節。

 

 

たくさんの人が暮らす東京の住宅街でも、

自然はこちらに微笑みかけてくれていますので

5月は地球の喜びを感じやすい季節かも知れませんねぇ。