雑巾がけをする暮らし

平和なこと、豊かなこと、愛のあること、地球のことを創造しよう

心配って勝手に起きてくる

 

明日の夜はいよいよ、主人のファミリー御一行様が日本を出立する。

 

 

ゆるゆるだけれど、カーテンを洗ったり、窓を拭いたり…

壊れかけたレンジを新調し、旅行用ナビを買ったりと

準備は進んでいる。

 

 

あれほど、待ちに待ったビザ問題がクリアーになって

さぁ、ドイツ訪問が実現するぞ、とステージが変わると

それに伴って、新たな心配ごとが勝手に起きてくる。

 

 

みんながここまで来る旅がスムーズでありますように

旅行の移動手段のレンタカーが問題なく借りられますように

手配したホテルが快適でありますように

お義母さんが駄々をこねることなく、みんなと行動できますように

 

 

って、未来のことばかり。

 

 

全部、無用なものだ、と知っていながら

勝手に湧き上がってくる心配。

 

 

その都度、見つめては手放して、

心配は起きてくるままにしているので

心は軽い。

 

 

今朝、義妹から電話があって

明日の出発を前に、お義母さんはドイツへ行くことをすっかり忘れている様子だった。

 

 

このお話は、昨年の12月にお義母さんが

「みんなでドイツへ行きたい」という願いから始まったのだけれど

ここまで来る間に

 

ドイツへ行きたい

 ↓

早く帰る

 ↓

面倒だから留守番している

 ↓

ドイツへ行くの?

 

と、お義母さんの気持ちは変化してきた。

 

 

もちろん、変化していることさえ記憶には残っていないのだけれど

こんなにも予測不能な旅は始めてかも知れない。

 

 

どうぞ、私がすべてを受け入れられる自分と出会えますように

 

 

冒険は始まっている。