雑巾がけをする暮らし

平和なこと、豊かなこと、愛のあること、地球のことを創造しよう

何だかいつも大丈夫みたいだ

 

 

ここ数日、12月の日本行きが予定外のことになりそうだ、

という問題が発生していて

 

 

それは外人局の新しい滞在ビザのカードが

日本へ行く日に間に合わない!ってこと。

 

 

ドイツを出国できない。

 

 

私は早々に12月8日ドイツ発日本行きの格安チケットを買った。

12月12日には88歳の伯母が大好きな秋川雅文さんのディナーショーへ行くため

席を確保した。

 

 

だから、12日には日本にいて、伯母と一緒にコンサートへ行きたい。

 

 

なのにビザのカードの受取日は12月11日からだって。

 

 

と言うことは、時差の関係で

11日のうちにドイツを経たなければ

12日のコンサートに間に合わないじゃない!

 

 

だからねぇ。

 

 

ドイツのお役所仕事は時間がかかるんだから

早め早めに対処しなくっちゃ。

 

 

そう思って焦っていたのに、この結果。

 

 

焦りが不安になったのか?

 

 

心の片隅にこんな事態を予想していたのだろうか?

 

 

いやいや。

予定外のことはあちらから気ままに勝手にやってくる。

 

 

まぁ、仕方がないよ。

 

 

格安チケット代がパアになり

同額以上のチケット代は想定外の大きな出費だけれど

2日の夕方に東京に着いて、その足でディナーショーに行けば

秋川さんの歌は聞くことができるかも知れない。

でも、ご馳走は間に合うかな。

何より伯母が気をもむだろうけど…。

 

 

なんて、不測の事態を延々とシュミレーションしていた。

 

 

全ては、「受取日の変更ができない」という前提のもとで。

 

 

そうなんだ。

いつだって。

ドイツのお役所は融通がきかない。

今までの経験上、絶対に変更なんてしてくれない。

強力な弁護士でもいれば別だろうけれど

私はか弱いただの日本人。

 

 

隣りで主人がポツリ。

「日本へ行かなければ良いんじゃない?」

 

 

ほぉ~。

予定外の出費をしたくないならば

そんな手もある。

 

 

えっ、え~!

それはなし。

 

 

だって、年末は日本にいたいもん。

 

 

あ~、もうやるっきゃない。

 

 

ダブルで飛行機代を支払って

羽田に着いたら、急いでコンサート会場へ駆け込む。

 

 

よ~し。やったるで~。

 

 

と、覚悟を決めたあとで、

やっぱり、受け取りが早くできるか聞いてみよ~!

だって、変更なく日本に行けることが

私の一番の望みだもん。

 

 

と勇気を出して、拙いドイツ語で

正直に誠実に、

8日出発の飛行機代を変更すると

お金が高くなります。

7日までに受け取りができることを希望します。

とお願いしてみた。

 

 

そうしたら

すんなりと。

7日に窓口へ来て、聞いてみて

航空券のコピーを持って来たら

カードができていなくても証明書を発行してあげる。

だって。

 

 

 

 

何だか大丈夫?

 

 

うまくいったみたい?

 

 

最良の結果に驚いて、力が抜けた。

 

 

エゴちゃんが色々な場面を創造してくれたからなぁ~。

 

 

今までの経験をもとにかなり現実的に悲観的に

最悪のパターンのシナリオをたくさん見せてくれた。

 

 

思わぬ結果に一番、愕然としているのは、私のエゴちゃんかも知れない。

 

 

この人、力が抜けると、ものすごくおとなしくなっちゃうのね。

 

 

そして、静かに感謝しながら

隣りで、まだ信じられない、

ってエゴちゃんが小声で叫んでる。

 

 

うん。

何だか、いつも大丈夫みたいだ。

 

 

とりあえず、ダメもとでも動くことなんだね。

 

 

行動すれば必ずしも、エゴちゃんの想像通りにはならない、

ってこと実感できた。

 

 

自分の望む現実を創りだす、ってこういうことなんだね。