てまえみそ

わたしの好きなもの

耳栓

金曜日の夜に主人が帰宅すると、ポストに耳栓が入ってた、と新品を2つ、持って帰って来た。

何だろうねー?と不思議な贈り物に首を傾げた。

 

その理由を、次の日、エレベーターの扉の貼り紙を見て知ることになる。

 

 

「土曜日の晩に誕生日パーティーをします。たくさんのゲストが来て、夜中まで大騒ぎしますが、ご了承ください。あなたの眠りを妨げないよう、耳栓を郵便ポストに入れました。」

と、下の階に住む住民さんからの届け物だったのだ。

 

 

なんだか、可笑しくて笑ってしまった。

 

 

パーティー好きのドイツ人たち。

お酒を飲んで盛り上がるのが大好き。

 

 

普段は眉間にシワを寄せ、怖い顔をしているけれど、弾けた笑顔はとってもかわいい。

 

 

また、パーティー前にはこうして、同じマンションの人たちにあらかじめ告知するのが礼儀になっている。

 

 

予告なしに大騒ぎしていると、お巡りさんに通報されてしまうから。

 

 

だけど、耳栓のプレゼントとは、お茶目でなかなか気がきいているじゃない。

 

 

私はほっこり気分でその晩を迎えた。

 

 

今晩は覚悟ができている。

 

 

階段の廊下を出入りする声。

微かに聞こえてくるディスコ調音楽。

 

 

予告通り、夜中が過ぎてもうるさかった。

 

 

だけど、幸せな誕生会になると良いな...と想う自分がベットにいる。

 

 

温かい気持ちを受け取ったから、温かい気持ちを返そう。

 

 

それが人情だと思いませんか?