てまえみそ

自分に優しく、自分のハートは自分で癒そう

当たり前の世界

 

f:id:milkieko0507:20180515154745j:plain

 

 

ライプツッヒの市庁舎。

この街は空が本当に広い。

 

 

昨日、新しくオープンしたアジアレストランへ行って、主人がトンコツラーメンを食べたら、あれ?この味、どこかで知っている…?となって、よくよく思い出したら、ラ王のインスタントラーメンの味でした。

 

 

デザートに普段は置いていない抹茶アイスを注文し、日本滞在中にハマッていたハーゲンダッツの抹茶アイスとの味の違いを痛感し、ここでは抹茶アイスは封印しようと良い意味での諦めがつきました。

 

 

当たり前にあるものがない世界。

 

 

しばらくは日本を引きずりながら、少しずつ日常へと淘汰されていきます。

 

 

昨夜、主人とこれからのことを話しました。

 

 

以前と違うことは、話をしながら何の制限もかけずに、相手の話しを聞けること、話せること。

 

 

私はとっても心配性だったので、主人の話しに「そんなの無理だよ」「○○がなければできない」「これはどうするの」って、いつも無意識にストップをかけてきたのです。

 

 

それは自分を守るためであり、一番、信頼したい人を試しながら、ほら、やっぱりできなかった、私の思ったとおりじゃない、というのを他人軸でやってきたからなんですね。

 

 

もちろん、彼の言葉で感情は揺れますが、何でもありだし、どうなっても大丈夫なんだな、と思えることで、今が愛しくなります。

 

 

思考が先、現実が後。

 

 

きっとその流れで進んでいくのだと思います。

 

 

今日は、これから列車に乗って、西へ移動します。

6時間の長旅です。