てまえみそ

自分に優しく、自分のハートは自分で癒そう

ミシンがほしい

 

今朝の点描宇宙画

f:id:milkieko0507:20180603182138j:plain

 

 

 

 

 

今、一番、ほしいものはミシン。

 

 

先日、電気やさんに見に行ったら、マセンダ色のシンガーミシンが売っていてひと目ぼれ。

 

 

ミシンの名前は「シンプル」と書いてあった。

機能的なことはあまり良くわからないので、シンプルが初心者には良いに違いない、と勝手に確信している。

 

 

小学校の家庭科の時間でエプロンを作り、中学校の家庭科の時間にパジャマを作るのが課題だったような記憶があるが、ミシンとの相性が最悪で、自分で作った覚えが全くない。

 

 

以来、裁縫は大嫌い。

 

 

じゃあ、手縫いなら?と思ったけど、こちらも真っ直ぐに縫えた試しがない。

 

 

大嫌い、大嫌い、大嫌い!

 

 

なのにものすごい憧れがある。

 

裁縫ができる人。

お洋服が作れる人。

 

その思いだけは消えることがない。

 

 

何なの? この気持ち。

 

 

実は20年前にドイツに来る時に、日本からミシンを買って持って来た。

だけど、一度も使用することはなかった。

ミシンの使い方がわからない。というのを理由にして。

 

 

結局、そのミシンは近所の友人が使い果たし、彼女が本帰国をする際にドイツのミシンをわざわざ買って、置いていってくれた。

 

 

それは数回、使用した。

が、引越しの時に手放した。

 

 

そうして私はまた、ミシンがほしいと思っている。

 

 

ここ最近は、単発で洋裁教室へ通ったこともあり、近頃のミシンはストレスフリーで、洋裁の80%はミシンをかける前の下準備がきれいに仕上げるコツだと知った。

 

 

 今度こそ、できるかもしれない?

 

 

そう思って、私はまた道具を増やそうとしている。

 

 

あれ? ミニマリストになりたかったはずなのに?

 

 

「ミシンがほしい VS それは本当に必要なものなのか」

 

 

という思考が、ただ今、猛烈に格闘中である。

 

 

たぶん、買ってしまうのだと思っているのだけれど…。

 

 

それでも結構、真剣に悩んでいるのですよ。

 

 

こういう悩みは楽しいものです。